前へ
次へ

防犯を重視した地区で一戸建てを購入

既に街ができているところを再開発して新しい街にするのはかなり面倒と言えるでしょう。
オフィスビルやマンションなどならそれらの建て替えでいいでしょうが、住宅地の再開発となるとそれぞれの住人に退去を求める必要があり現実的ではありません。
一方で現在住宅地でない工場や学校の跡地が再開発により住宅地に変わるときがあり、その時は道路やそれぞれの宅地の区画などから計画的に作られていきます。
最近注目されているのは防犯性を重視した街づくりです。
一戸建てはマンションに比べるとどうしても防犯性で問題があるとされ敬遠されるときがありました。
そこで街の防犯性を高めることで、そこに建てられている一戸建てに注目が集まるようになりました。
道路を作るときに住人の利便性を高めて部外者が入りにくいような作りになっていると、その地域の住人以外がその街に入ってこないようになります。
普通の街に比べると部外者が目立ちやすい環境ができ、その街の地価なども上昇しやすくなります。

Page Top