前へ
次へ

一戸建ての土地のスペースと工夫

土地を購入する時に、予算内でマイホーム購入を考えると、狭いスペースとなってしまうケースもありますが、

more

中古の一戸建てと物件数のメリット

一戸建て物件を探す場合、選択肢は2つあります。
中古と新築の2種類がありますが、前者の中古物件

more

見学をしてから一戸建てのメリットを学ぶ

初めて一戸建ての購入を進めていく際に、失敗しないようにしっかりと情報を集めて、決断できるようにするこ

more

事務所として活用できる一戸建て

建物は、必ずしも居住目的で活用されるとは限りません。
物件によっては事務所として活用するのは難しい事もありますから、よく不動産会社の規約を確認しておく必要があります。
その点一戸建て物件の場合は、事務所として活用するのも問題ありません。
フリーランサーの方々などは、建物を事務所として利用したいと思っている事も多いです。
自宅兼事務所としての働き方もあるでしょう。
ところで集合住宅の場合は、事務所として活用するのは少々難しい事もあります。
というのも集合住宅を事務所にしてしまいますと、税金が高くなってしまう事もあるからです。
そもそも不動産物件を保有するなら、固定資産税などを支払う必要はありますが、その税金の金額は建物の使い方に左右される一面があります。
居住用として活用する分には、税金はそれほど高くならないケースも多いですが、マンション物件の場合はやや高くなってしまう事が多いです。
その税金の兼ね合いもあり、マンション物件の場合は事務所利用は全てお断りになっている事もあります。
もちろん、全てのマンションにて事務所利用は可能なのではありません。
マンションによっては事務所として利用できる事もありますが、それも必ず関連会社の規約を確認しておく必要があります。
無断で事務所として利用するのは、控える方が良いでしょう。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren3set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

ところで上記のような事務所利用の制限があるのは、あくまでもマンション物件に限られます。
一戸建て物件の場合は、事務所利用に関してはそこまで厳しい訳ではありません。
多くの不動産会社は、戸建てを事務所として利用する事も禁止していません。
ですから物件を事務所として利用したい時は、戸建て物件を検討してみると良いでしょう。
ちなみに一戸建て物件の場合は、建物に対する工事も自由に行えることが多いです。
マンション物件の場合は、建物に対する工事を行いたい時は、たいてい管理会社の許可を取る必要があります。
しかし戸建て物件は、その許可も不要です。
比較的自由に建物を使えるのは、一戸建ての大きな魅力の1つです。

Page Top